フィリピン留学:生活の様子(タガイタイ・F2F)

2015/02/06

F2F_01前回、英語の授業の様子を紹介しましたが、今回は宿舎・食事・ランドリーサービスなど生活の様子を紹介します。
私たちがいるのは、タガイタイにあるFace to Face English School(以下F2F)。

●宿舎
「タガイタイ ハイツ」という高級住宅街の中にある一軒家を数件借りていて、そこが生徒の宿舎になっています。
メインのオレンジハウスで、先生も生徒も一緒に食事をとります。
オレンジハウスには滞在している生徒も多く、いつもにぎやかでワイワイしています。

*オレンジハウスには、1人部屋・2人部屋・4人部屋があります。
1人部屋・スタンダードコース(1日6時間授業)の場合・・・156000円/四週間
2人部屋・スタンダードコース(1日6時間授業)の場合・・・144000円/四週間
4人部屋・スタンダードコース(1日6時間授業)の場合・・・130000円/四週間

F2Fタガイタイ

オレンジハウスの外観


F2Fタガイタイ

オレンジハウスのリビング


歩いて数分のところにホワイトハウスがあり、オレンジハウスと料金は同じですが、こちらは静かです。

私たちが滞在しているのは、もう一つのブラウンハウス
家の造り・内装ともほかの宿舎と比べて高級感があり、その分料金も少し高いです。

*ブラウンハウスの料金(1人部屋)
ブラウンハウス(C・D・E)・スタンダードコース(1日6時間授業)・・・170000円/四週間
ブラウンハウス(F)・スタンダードコース(1日6時間授業)・・・190000円/四週間

シャワー・トイレは共用ですが、3部屋(C・D・E)に対してバスルームが2つあるので、混み合うこともありません。
ブラウンハウス「F」は、部屋にシャワー・トイレがあります。

F2Fタガイタイ

ブラウンハウスの外観


ブラウンハウスのリビング

F2Fタガイタイ


ブラウンハウスは基本的にすべて1人部屋ですが、「F」の部屋は広く、夫婦またはカップルでの利用も可能です。

二人で利用する場合、二人目は50%割引になるので、かなりお得でお勧めです。
といっても、私たちが滞在している間は埋まっていますが・・・(笑)

F2Fタガイタイ、フィリピン留学

ブラウンハウス、広い「F」の部屋


F2Fタガイタイ

洗面所


F2Fタガイタイ

シャワー



同じ宿舎の人たちとは共同生活を送りますが、各部屋に勉強用の机もあるので、本当に自分の家のように快適に過ごせます。
なお、プライベートを大切にしたい場合は、すぐ近くのホテルでの滞在も可能のようです。

詳しい料金を知りたい方は、F2Fのホームページ(コース内容と費用)をご覧ください。
※【授業費用】をクリック


●ランドリーと掃除サービス

週3回(月・水・金)にランドリーサービスがあり、無料で利用できます。
きれいに洗われ、畳まれて戻ってくるのでとても便利。

月曜に出したものは水曜に、金曜に出したものは翌週月曜に戻ってきますが、天気が悪いときなどは遅れることもあるよう。
洋服は、5~6日分+予備を持ってきた方がいいと思います。

タガイタイは、思っていた以上に涼しいです!
特に私たちが滞在している1~3月は、日中こそ25度くらいまで上がりますが、朝晩は20度を下回ります。
風が強い日も多く、体感で15度くらいのこともあり、ダウンジャケットを羽織ることもあります。

フィリピン留学、ランドリーサービス

きれいに洗われて戻ってきた洗濯物


また、掃除サービスもあり、週に1~2回部屋をきれいにして、シーツも交換してもらえます。
さすが、メイド文化のフィリピン。
部屋全体をきれいにしてくれるので、快適に過ごすことができます。


●食事

F2Fの大きな魅力は毎日の食事!
高級ホテルで働いていたというシェフが毎回の食事を用意してくれます。

フィリピン料理、中華料理、たまに日本食(カレー・シチューなど)がメインで、野菜とフルーツもつき、毎日とてもおいしいです。

フィリピン料理の特徴は、甘くて、味が濃いこと。
フィリピン人の先生も一緒に食事をとるため、日本人にはやや濃く感じるときもありますが、その味にハマってしまいます(笑)

F2Fタガイタイ、英語留学

ブッフェ方式なので、つい食べ過ぎてしまう・・・


フィリピン留学、食事

ある日のごはん


フィリピン留学、食事

ある日のごはん



以上、留学生活の様子を紹介しました。

F2Fは授業内容も良く、快適な生活を送っています。
移住や就職という目標は一旦置いておいて、「このままここの学生でいたい!」と思ってしまうことも・・・笑
実際、リピーターや期間延長をする人が多いのも納得です。


※上記金額は2015年2月現在です。為替の変動などにより変わる可能性があります。
Face to Face English Schoolのホームページ>>

kumi

 


カテゴリの最新記事




PR