【フィリピン移住準備】マカティでの部屋探し(2)

2015/04/20

unitフィリピン・マカティでの部屋探しの続きです。
*不動産会社やマカティのコンドミニアムについての一般的な情報は前回の記事参照:マカティでの部屋探し(1)

2日間にわけて、10軒以上のコンドミニアムを見に行きました。
私たちの条件は、マカティ中心地(アヤラ・トライアングルパーク)から徒歩圏、家賃3万5000ペソ(9万円台)以下です。
マカティでコンドミニアムが多いのは、サルセドレガスピという地区で、私たちが見たコンドミニアムもほとんどがこの地区でした。

内見した部屋をいくつか紹介します。


(1)部屋の広さはよかったものの、建物自体が古く、家具もごちゃごちゃしていて、あまり住みたいと思えなかった

マカティのコンドミニアム

全体的に古さを感じる・・・


(2)新築のコンドミニアム。でも単身用で、狭い・・・

マカティのコンドミニアム

きれいだけど、二人で住むには狭そう


マカティ、賃貸

ベッドなど家具はすべて新品でした


(3)こちらも高級の新築コンドミニアム。モデルルームのような家具が。

マカティ、コンドミニアム

部屋の広さも十分!調度品もおしゃれ。


こんな素敵な部屋に住めたらいいけれど、新築で約50平米と広く、家賃は4.5万ペソ(12万円)以上。

3万5000ペソ(9.5万円)前後で探すと、広い部屋だと建物が古い、新しい建物だと部屋が狭いというジレンマに。
そんな中でも、いいなと思える部屋にも出会えました。


(4)築浅のコンドミニアム。
STUDIOタイプ(ワンルーム)ですが、広くて収納スペースもあり、二人でも十分に住めそう。

マカティ、賃貸

部屋も明るくていい感じ!


(5)もう一つ、こちらは築10年くらいは経っていそうでしたが、家具が工夫されていて、一目見て部屋を気に入りました。

マカティ、部屋

キッチン、ソファ、ダイニング


マカティ、賃貸

書斎的なデスク&チェア(この裏がベッドになっている)


マカティ、コンドミニアム

ベッドの下に大型の収納あり


この他にも収納が多くて、生活できるイメージが沸きました。
(結果的にこの部屋に決めました!)


ほとんどすべてマカティにあるコンドミニアムを見ましたが、例外としてマンダルヨン(マカティの北、3キロくらいのところにある町)のコンドミニアムも見てみることに。
Tivoli Gardenというところです。

会社まで歩くには遠いので、タクシーを使うことになります。
信用できそうなタクシードライバーと月契約をして、毎日タクシー通勤をしたとしても、家賃が安くて快適な部屋に住めればそれもいいのでは、と思ったからです。

Tivoli Garden

建物がいくつも並ぶ大型のコンドミニアム


マンダルヨンのコンドミニアム

大きな建物!


マンダルヨン、Tivoli Garden

かわいらしい感じの部屋


Tivoli Gardenのコンドミニアム

ベッドルームあり


マカティ内のコンドミニアムよりは若干家賃が安いのですが、3万ペソ(8万円)以下にはならず・・・。
それだと、タクシー代を考えたらかえって高くなってしまいます。

それに加え、もう一つ問題が。

他のコンドミニアムでも何件かあったのですが、このTivoli Gardenの部屋には洗濯機がないのです。

洗濯機が無いだけでなく、設置する場所自体がありません。
フィリピンには洗濯サービスのお店が多いのですが、単身ならともかく、二人で生活するのに洗濯機がないのは不便です。


ということで、上の(5)のコンドミニアムに決定しました!
レガスピ地区で、会社までは歩いて15~20分くらい。

マカティ、部屋

この部屋に決定!


契約にあたって、オーナーさんにいくつかお願いしました。

・家賃を3万5000ペソ(9.5万円)にしてほしい →NG
・ウォーターディスペンサーをつけてほしい →OK
・洗濯機を設置してほしい(この部屋には洗濯機を置く場所がちゃんとあります) →OK
・インターネットをつけてほしい →NG

家賃は3万5000ペソより若干高いですが、一応10万円以下で決まりました。
契約内容が決まったら、手付金(scurity deposit)として家賃の2ヶ月分を支払い、無事に契約が成立。

マカティ、部屋

洗濯機


入居してから思ったのは、「もっと要望してもよかったかも!?」ということ。
前回のブログにも書いた通り、オーナーは1年分の家賃を入居時に得られるからか、割と要望は聞いてくれそうです。

洗濯機の他にも、扇風機や炊飯器などもダメ元で頼んでみてもよかったな、と思いました。
(自分たちで買い足しました)


もう一つ、ガス問題

フィリピンには都市ガスなどがないので、ガスタンクを購入するのですが、このタンクが1650ペソ(4,500円)となかなかのお値段。
ガスをリフィル(補充)するのに、850ペソ(約2,300円)かかります。
契約前に、ガスタンクをオーナーさんに依頼していたら、それくらいは付けてくれたかもしれない!・・・と思いました。

ガス

ガス


*次のブログ:フィリピン生活スタート!コンドミニアム入居>>

※記事内の金額は2015年3~4月のレート(1ペソ=約2.7円)で計算しています

kumi

 


カテゴリの最新記事




PR