フィリピン生活スタート!コンドミニアム入居

2015/04/21

go-to-Ph1~3月までタガイタイの語学学校で英語留学をし、その間に就職活動、そして住む部屋を決めました。
移住準備のため一週間ほど東京の実家で過ごしてから4月中旬に渡比し、いよいよフィリピンでの生活が始まりました。

日本から持って行く引っ越し荷物(チェックインバッゲージ)は、二人で合計6個
大きいスーツケース×2、旅のときに使っていたバックパック×2、キャディバッグ×2です。
これに加え、手荷物でそれぞれ2つずつバッグを持っていたため、空港まで親に車で送ってもらいました。


フィリピン移住

引っ越し荷物!


羽田空港

父と空港の駐車場で


フィリピンへは、羽田空港を深夜1時30分に出るフィリピン航空を利用。
4月はなぜかフライト料金が高く、片道で一人3万2,000円かかりました。

加えて、リターンチケット(フィリピンを出る航空券)が必要となるため、捨てチケットとしてセブパシフィックのマニラ~香港の片道フライトを購入し、一人4,800円。
いろいろお金がかかります・・・。

羽田空港の国際ターミナルは、深夜発が多いせいか、夜でもレストランやコンビニが開いていて、またWi-Fiもサクサクで、快適に過ごすことができました。

羽田空港 国際ターミナル

羽田空港


フライト時間は4時間半で、朝5時(日本時間の朝6時)にマニラに到着。
空港からはタクシーで直接コンドミニアムへと向かいました。

レガスピのコンドミニアム

レガスピのコンドミニアム


マニラ、コンドミニアム

到着!


フロントに預けられていたカギを受け取って、部屋へ入ることができました。

オーナーさんに依頼しておいた、洗濯機とウォーターディスペンサーもちゃんと設置されていました。
*参考:【フィリピン移住準備】マカティでの部屋探し(2)>>

ウォーターディスペンサー

ウォーターディスペンサー


水のボトルは自分で買う必要がありますが、コンドミニアムのフロントに依頼すれば、オーダーして届いたら部屋まで運んでくれるので便利。


私たちの契約したコンドミニアムは、1年分の家賃を前払いしてから、鍵を受け取ることになっていました。

この時点では、まだ手付金(家賃2ヶ月分)のみしか支払っていませんでしたが、私たちの到着が早朝になることを伝えたところ、オーナーさんがフロントにカギを預けておいてくれることに。

このあと不動産屋が開いてから、1年分の家賃を支払いに行きました。
家賃1年分というと、日本円で約100万円という大金になります。

私たちは現金で持ち込み、フィリピンに着いてからフィリピンペソに両替をして支払いました。
(フィリピンへ持ち込める現金は一人100万円までで、それ以上は申告が必要になります)

フィリピンペソの最高紙幣は1,000ペソ(約2,700円)なので、けっこうな札束に・・・。

※クレジットカードや国際キャッシュカードでキャッシングする場合、限度額を事前に確認しておいた方がいいと思います。

家賃を支払ったら、新生活のための蓄えも消失・・・。
今後は二人してまじめに働いて、再び蓄えを作らなければなりません。
もう旅ばっかりしてないで、がんばって働かなくては!!


移住初日は、記念として焼肉を食べに行きました。
私たちの部屋はレガスピという地区にあり、リトルトーキョーが近く、日本食レストランも多くあります。

焼肉「牛門」へ。

リトルトーキョー、焼肉

本格焼肉、ユッケも食べられて感激


次のブログ、フィリピン移住スタート、必要な物を揃える>>に続きます。


kumi

 


カテゴリの最新記事




PR

フィリピン生活スタート!コンドミニアム入居」への2件のフィードバック

  1. ようちゃん

    初めてコメントさせて頂きます。フィリピン移住のキーワード検索で色々調べていたのですが、商売寄りのサイトばかりでなかなか欲しい情報に当たらなかったのですが、こちらの情報はご自身の実体験を元に書かれているようでしたので非常に楽しく読ませて頂きました。また私と同世代ということも惹かれました。私もフィリピンに何度も足を運んでいるうちにいつか住んでみたいなと思いながらもう10年以上経過してしまいました。どうしても仕事の面や生活面での不安が拭いきれず決断できずにいますが、こちらのサイトを読ませて頂いたらなんだか勇気が湧いてきました。仕事の探し方や住居の探し方など本当に参考になります。また色々教えて下さい。

    1. sekai2 投稿作成者

      コメントありがとうございます!
      なるべくリアルで具体的な情報を載せるようにしているので、そうおっしゃっていただけるととてもうれしいです。
      ずいぶん前からフィリピン移住にご興味をお持ちなんですね。何かご質問などありましたら、どうぞご遠慮なくご連絡ください。
      メールはこちらです→ ashita.sekai(アットマーク)gmail.com
      kumi

コメントは停止中です。