【費用公開】2015年6月 フィリピン移住2ヶ月目

2015/07/11

2015-06-27 at 06.35.22フィリピンに移住して2ヶ月が経過しました。
僕が仕事を始めたのが5月の末なので、いわゆる「日常生活」を送った初めての月ということになります。
では、そんな6月の1ヶ月間にかかった出費を公開します。

【6月の出費】
・フィリピンペソでの出費:64,441ペソ(17.5万円)
・日本円での出費:6.9万円
合計 約24.4万円
※全て6月時点でのレート(1ペソ@2.72円)で計算
※二人分の生活費の合計金額

※日本円での支払いは、国民年金や生命・医療保険への加入料金です。
※次回のコンドミニアムの更新または引越しに備え、毎月4万ペソの貯金を含みます。

→マカティのコンドミニアムでは1年分または半年分の家賃を前払いする必要があるため、現在住んでいる家賃は1年分をすでに支払い済み。
来年のコンド資金を毎月の出費として計上しています。

合計25万ちょっとだった前回(5月)と比べ、1万円だけ安くすみました。

以下、出費の詳細一覧です。

家賃貯金
※次のコンドミニアムのための貯金
40,000ペソ(10.8万円)
国民年金/日本円での支払い32,000円
医療・生命保険/日本円での支払い37,000円
公共料金など(電気・水道・ネット)6,332ペソ(17,250円)
自炊(弁当含む)4,594ペソ(12,500円)
外食5,410ペソ(14,700円)
生活雑費3,821ペソ(10,400円)
ゴルフ代(練習含む)3,177ペソ(8,650円)
家飲み942ペソ(2,560円)
その他165ペソ(450円)
合計24万3,500円


≪公共料金≫
今月の電気代は、4,850ペソ(13,190円)と、会社に行き始める前より上がりました。
家にいる時間が短くなったせいか、かえって「節約」を忘れてエアコンを付ける時間も長くなっているんだと反省。


≪自炊≫
先月8,400ペソ(22,850円)から、今月は4,600ペソ(12,500円)まで下がりました。
予想通りですが、忙しくなるにつれ平日の自炊率は下がりますね。
ちなみに、自炊をしない日の夕飯にはだいたいイナサル(Mang Inasal)のチキンを食べています。

イナサル

いつもオーダーするのは「PM2」


≪生活雑費≫
6月末に初めてのセブ出張があったため、機内に持ち込み可能なキャリーケースを購入。
約2,200ペソ(約6,000円)です。
kumiさんも出張が入る可能性があるので、二人で使えるものにしました。

キャリーバッグ

キャリーバッグを持ってセブ出張へ


それから、先月からメイドさんに来てもらっています。
2週間に1回、バスルームの掃除や、キッチン、部屋の床を綺麗にしてもらって200ペソ(約500円)。
小さい部屋なので自分たちでも掃除できますが、せっかくフィリピンにいるので、フィリピン名物ともいえる(?)メイドさんを雇ってみました。

結果は大正解。かなり丁寧に掃除してくれるので、2週間に一度の掃除だけで十分きれいな状態を保てます。
*メイドさんについては改めて詳しくブログに書きます


≪ゴルフ≫
マニラに引っ越して練習を再開したゴルフ。
はじめはマカティの「ドライビングゴルフレンジ」に行ってみましたが、最近はボニファシオの「アーミーゴルフ」に行っています。

コーチを付けたレッスン1回1.5時間✕10回に無料のハーフラウンドが付いて7,000ペソ(1.9万円)というパッケージプランを購入。
※7-8月に分けて計上します

アーミーゴルフ

BGCにあるアーミーゴルフ


フィリピン生活も2ヶ月以上が経過。
都心に住んで、ゴルフ(練習)にも毎週行き、たまに外食もして、しかもメイドさんにも来てもらって・・・とかなり贅沢な暮らしをしていると実感しています。

残りの金額は各自のお小遣いと貯金や投資にまわしているので、約2年間のブランク(旅と留学)を経て、ようやく社会人らしい生活になってきました。
マカティの物価は高いので、当初の想定よりは出費がかさんでいる部分もありますが、それでもフィリピンで暮らすメリットを感じています。

yusuke

 


カテゴリの最新記事




PR