お小遣いの使いみち

2015/08/31

IMG_03411年の旅の間は限られた予算の中で生活をしていたので、自分の自由になるお金はありませんでしたが、今は二人ともちゃんと働き始めたので、自分の自由になるお金(お小遣い)がもらえるようになりました(笑)
フィリピンに移住してからは毎月の生活費を公開していますが、それとは別に、自分のモノを買ったり、どこかに出かけたりしたときのお金として、お小遣いの使いみちも公開したいと思います。
フィリピン暮らしの物価、娯楽などの参考になればと思います。


1ヶ月のお小遣いは1万5000ペソ(4万円ちょっと)で、お小遣いの定義は(うちの場合)、個人的な飲食と買物です。
二人で飲みに行ったときや、二人共通の予定のときは、お小遣いではなく生活費から出しています。

たとえば、ランチには月の半分以上はお弁当を持って行っていますが、お弁当を作るための食材は二人の生活費から。お弁当のない日にフードコートや会社の近くのレストランなどで食べたときは、自分のお小遣いから出しています。

フードコート

フードコートでのランチ代は150ペソ(約400円)前後


7月
食費(ランチ、間食)
2,500ペソ(6,750円)
飲み200ペソ(540円)
酒(家飲み用)400ペソ(1,080円)
服・靴・バッグ450ペソ(1,200円)
美容(ネイルなど)1,260ペソ(3,400円)
交通費(主にタクシー)440ペソ(1,200円)
ゴルフ3,800ペソ(10,260円)
その他雑費1,500ペソ(4,050円)
貯金(使わなかった分)4,000ペソ(10,800円)
合計14,550ペソ(約38,000円)

7月は、大きな出費は、食費の2,500ペソ(6,750円)と、ゴルフ3,800ペソ(1万260円)でした。

飲み代はたったの200ペソですが、飲みに行った回数は5回以上。
仕事関係の方々との飲みではごちそうしていただいたこと、また前述の通り、yusukeと飲みに行ったときは二人の生活費から出しているため、私のお小遣いからの出費はありませんでした。

美容の1,260ペソ(3,400円)は主にネイルサロン代です。

フィリピンに来て初めてゴルフコースに行き、その費用が3,800ペソ(1万200円)でした。
内訳はプレイ費が3,300ペソ(8,900円)、キャディさんへのチップが500ペソ(1,350円)です。

ゴルフ

フィリピンで初ゴルフ!


雑費の1500ペソ(4,050円)には、日本から荷物を送ってもらったときの送料も含まれています。
日本の通販で買ったもの、ストッキング、ファンデーション、実家にあった本などを送ってもらいました。

日本からの荷物

日本から送ってもらった荷物


7月はゴルフに行ったにもかかわらず、4,000ペソ(1万800円)も貯金ができました。


8月
食費(ランチ、間食)
3,500ペソ(9,450円)
飲み4,300ペソ(540円)
酒(家飲み用)800ペソ(11,600円)
服・靴・バッグ0ペソ
美容(ネイルなど)4,600ペソ(12,400円)
交通費(主にタクシー)530ペソ(1,430円)
ゴルフ600ペソ(1,600円)
その他雑費400ペソ(1,080円)
貯金0ペソ
合計14,550ペソ(約39,000円)

8月は、ランチ・間食代がなぜか7月より1,000ペソも高い3,500ペソ(9,450円)。
お菓子やパンをちょこちょこ買ったり、コーヒー(100ペソ前後)を買った回数が多かったかもしれません。

8月は飲みに行った回数が多く、飲み代が4,300ペソ(1万1,600円)かかっています。
それでも1回にかかったのは500~1,000ペソと安いのは、お店自体が安かったり、また、多めに払っていただいたことが多かったからだと思います。

レストラン

おしゃれなレストラン


最近は飲み友達も増えてきたので、今後は飲み代はもっとかかりそうですが、私にとっては一番大切なお金の使い方なので、これからもどんどん飲みに行きたいと思っています。

フィリピン料理

フィリピン料理


家飲み用のお酒に800ペソ(2,160円)使っています。

かつては家計(2人の生活費)からビールを買っていたのですが、yusukeが最近お酒を飲むとどうも翌日の体調がよくないと言って、家では全くお酒を飲まなくなってしまいました。
家でも飲みたい私は、自分のお小遣いからお酒を買わなくてはならないことに・・・。

服・靴・バッグなどの服飾費はなんと0ペソ。
日本にいるときは浪費のかたまりだったのに、自分でもちょっと信じられません。

旅の間、節約第一の生活を送っていたため、自由に使えるお金がある今でも衝動的に買うことがなくなり、“一旦寝かす”ことにした結果、ほとんどは「買わなくてもいいや」と思えるようになったからかもしれません。
2年前の私にこの方法を教えてあげたいです。

一方、美容代が4,600ペソ(1万2,400円)と高いのは、美容院に行ったためです。

フィリピンに来て初めて美容院に行きました。
私はくせ毛なので、定期的にストレートパーマをかけているのですが、日本人がやっている美容院がうちの近所にあり、そこに行ってきました。
日本と同じくらいの料金で、マニラでも安心して行ける美容院ができてよかったです。
*参考:美容師AKIRAさんのウェブサイト>>

8月も、ゴルフコースに行きましたが、これは仕事関係だったので、キャディさんへのチップ(500ペソ=1,350円)だけ自分で払いました。


*参考:生活費、旅の間にかかった費用のブログはこちら!
フィリピン生活 費用公開>>
世界一周の旅、国ごとにかかった費用>>

kumi

 


カテゴリの最新記事




PR