フィリピン最後の秘境、エルニドへ

2017/12/25

写真 2017-09-09 15 08 07 (1)2017年9月、日本から来た友達と一緒にエルニドへ行ってきました。
エルニドは、「世界で最も美しい島」や「フィリピン最後の秘境」言われている海がきれいなリゾート。
パラワン島の北部にあり、マニラから飛行機&ボートで行くことができます。
エルニドタウンにあるホテル(バッグパッカー宿から高級ホテルまで様々)に泊まって、ビッグラグーン・スモールラグーンといった観光スポットへボートで半日/1日ツアーで行くこともできますが、せっかくなので、「エルニドリゾーツ」という1島1リゾートの高級ホテルに泊まることにしました。

エルニドリゾーツには
(1)Aplit/アプリット
(2)Miniloc/ミニロック
(3)Lagen/ラゲン
(4)Pangulasian/パングラシアン
という4つのリゾート島があり、私たちはLagenのウォーターコテージに宿泊。

1泊25,000ペソ(5万円ちょっと/2人分)と、かなり高級ですが、友達の滞在日数の関係で現地には1泊しかできないため、良いところを選びました。
*エルニドリゾーツとフライトの詳細情報はブログ下記へ

マニラからプライベートジェットのような小さい飛行機でエルニドの空港へ行き、そこからさらにボートで40分かけて向かいます。
シーズンとしては雨季、天気予報も雨でしたが、晴れることを祈って出発したものの、着いたら雨・・・。
テンションも下がります。

エアスイフト

50人乗りくらいの小さい飛行機でエルニドへ(マニラは晴れてた・・・)


エルニド、ボート待ち

空港から車で数分港へ移動し、ここでボートを待ちます


エルニド、ボートでホテルへ移動

ライフジャケットをつけてボートへ


ボートで約40分、私たちが泊まるLagen(ラゲン)に到着しました。
そびえたつ岩に深い森、そして透き通った海の上に建つコテージ。
秘境感があり、天気はすぐれないものの、気分は上がります。

Lagen Island

ラゲンアイランドに到着!


ラゲンアイランド

プール


まだ10時くらいと早い時間でしたが、部屋が空いているということで、チェックインできました。

ラゲン、ウォーターコテージ

ウォターコテージの部屋(ツインベッド)


ウォーターコテージ

カウチもあり、部屋はそんなに広くないけど快適


ラゲン

海に面したコテージ


ラゲンアイランド、部屋

ベランダは広々


雨がやむのを待って、ボートで出かけることに。
まずは同じエルニドリゾーツのミニロック島へランチへ。

ミニロック島

ミニロック島に到着


ミニロック島でランチ

ランチブッフェ&さっそくビールも


ランチ後、エルニドの見どころであるビッグラグーン・スモールラグーンへボートで向かいました。

small lagoon

エメラルドグリーンの海が本当にきれい!


エルニド

(晴れてたらもっときれいだったかも・・・)


スモールラグーン

カヌーに乗って奥へ


名前は分からないけど、ビーチがきれいな小さい島にも寄りました。
ここでずっと曇っていた空が晴れて、海の色が透き通ってさらにきれいに!

エルニド

晴れた!ホワイトサンドのビーチ


エルニド

海がキラキラと光ってきれい


エルニド

美しい島でした


晴れた時間は長くは続かなかったけど、この空&海が見れてよかった。
満足してラゲンに戻りました。

バーで一杯飲んでから、サンセットツアーへ。

ラゲンアイランド

リゾート内の桟橋を散歩


エルニド、夕日

雲の色がピンクに染まっていきます


エルニド、夕日ツアー

うーん、、、でも雲が多い


エルニド、夕日

雲に隠れながらも、空を赤く染める夕日


サンセットツアーのあとはスパでマッサージをして、夕食はリゾート内のレストランのブッフェでとりました。

翌日、早朝フライトでもうマニラへ戻ります。
ほぼ24時間という短い滞在でしたが、エルニドの海のきれいさを実感でき、日本から来た友達もリゾートを満喫できたようなのでよかったです!

AirSwift、エルニド

行きと同じAirSwiftでマニラへ



以下、ホテル&フライト詳細情報です。

●ホテル(エルニドリゾーツ)
エルニドリゾーツには4つの島があり、どれも1島まるごとリゾートになっています。

(1)Aplit/アプリット
→エルニド空港から車で1時間半、そこからさらにボートで1時間かかるらしく、日数に余裕があるときに行ってみたい。

(2)Miniloc/ミニロック
→ラゲンと比べたら素朴な感じのリゾート(でももちろん高級)。

(3)Lagen/ラゲン
→施設がしっかりしていて贅沢な雰囲気。

(4)Pangulasian/パングラシアン
→一番ラグジュアリーらしいので、特にハネムーンにいいかも。

ラゲンのウォーターコテージはbooking.comで予約して、1泊1部屋約25,000ペソでした(9月某日の料金)。
朝食付き、ランチとディナーは別料金。

エルニド空港から島への移動(バン・ボート)は込み、サンセットツアーなどちょっとしたツアー代も宿泊費に含まれています。
ビッグラグーン・スモールラグーン観光(カヤック付き)の半日ツアーは、1人1,000ペソ追加料金が発生しましたが、ガイドがついて貸し切りだったので、自由に回れてよかったです。
ミニロックの方は、食事もインクルーシブだそうです。
なお、ラゲンでは(ほかのエルニドリゾーツもそうか分かりませんが)、クレジットカード決済ができません。
booking.comで予約したので、部屋代は予め払ってありましたが、追加のツアーやランチ・ディナー代、スパ代はチェックアウト時に現金で支払いました。

El Nido Resortsのウェブサイトはこちら(日本語版・英語版あり)


●フライト

マニラ~エルニド(Lio空港)はAirSwiftが就航しています。
料金は片道5,000~9,000ペソ。
9月は雨季だったからか、往復1万ペソの最安値で行けました。

マニラ→エルニドは1日5便、エルニド→マニラは1日4便あるようです。
(時期によって便数が異なるかもしれません)

フライトは、マニラ国際空港のターミナル4に発着。
エルニドリゾーツに宿泊するゲストは、出発ロビー内にあるVIPラウンジを使うことができます。

エルニドリゾーツ宿泊者用ラウンジ

ターミナル4にあるラウンジ


ターミナル4のラウンジ

コーヒー・軽食もあります


なお私たちは、行きはマニラ7時発→エルニド8時15分着、帰りはエルニド8時発→マニラ9時15分発のフライトを選択。
エルニドから戻った日は、空港近く(コンラッド・MOA)で時間をつぶして、友達は午後2時半くらいのフライトへ日本へと帰っていきました。

AirSwiftは、他の国内線・国際線との乗り継ぎはしておらず、AirSwiftが遅れても保障などはないようなので、乗り継ぎの場合は時間に余裕を持ったスケジュールをお勧めします。
フライトはサイトから直接予約できます。

AirSwiftのサイトはこちら


kumi


カテゴリの最新記事




PR